フジテレビ「バイキング」でパニック障害が取り上げられました

フジテレビ「バイキング」でパニック障害が取り上げられました。

2017年4月27日放送のフジテレビ・生ホンネトークバラエティ「バイキング」でパニック障害が取り上げられていたので紹介したいと思います。

 

バイキングとは?

 

バイキングはお昼の人気番組だったタモリさん司会の笑っていいとも!終了後に放送されるようになったバラエティ番組ですね。

 

 

放送は毎週月曜〜金曜。

 

 

2014年4月1日から放送が開始され最初は11:55〜13:00までの放送時間だったのですが現在は(2017年4月現在)11:55〜13:45までが放送時間です。

 

 

現在はメインMCの坂上忍さんと曜日レギュラーメンバーに加えゲストの人達が主に現在話題のニュースなんかについて生トークする番組なんですがこれが本当に最近おもしろくなっているんですよね!

 

 

おもしろくなったのはやはり去年多くあった芸能ニュース(芸能人の不倫)や政治と金の問題でメインMCの坂上忍の切り込んだトークですよね!

 

 

今までたま〜に観ていたんですがニュースについてトークするようになったこと、メインMCに月〜金まで坂上忍が起用されたことと放送時間が拡大されたことによって本当にバイキングがおもしろくなって今ではお昼はバイキングしか観てないですねー。

 

取り上げられたパニック障害の内容は?

 

長くなりましたがバイキングで取り上げられたパニック障害の内容を紹介。

 

 

タレントの円広志さんがパニック障害を告白したとニュースが取り上げられ、その後パニック障害の症状やパニック障害を克服した芸能人らの紹介といった流れでしたね。

 

パニック障害の症状などの詳しい情報

 

番組で紹介されたパニック障害の情報を紹介します。

 

 

まず症状としては

 

・突然の恐怖や不安感

 

・動悸、息苦しさ、吐き気、発汗

 

などが繰り返される病気。

 

 

原因としては脳の誤作動とされている。

 

 

パニック障害の患者数も年々増加傾向にあり、2011年には約8万人の人たちがいるそうです。

 

 

そしてやはりこれらの症状により予期不安に悩まされるということも紹介されていましたね。

 

・閉ざされた空間・乗り物が怖い

 

・歯医者や美容院が怖い

 

・外出するのが怖い

 

 

いつパニック障害の症状が出ていつ終わるのがわからないのが怖いという紹介でしたね。

 

 

僕は社交不安障害という診断を受けましたが僕の症状としては色々ありましたが1番怖かったのが吐き気でしたね・・・

 

 

何百回、何千回という吐き気がきましたが実際に1回も吐いたことはなくて普通の吐き気とは違い喉に何か詰まって吐き気がくるという症状でした。

 

 

それに加えお腹の違和感が気持ち悪さを大きくさせ、頭痛や「このままシんでしまうのは?」という不安や恐怖でどうしたら良いかわからなくなるという状態でしたね。

 

 

予期不安もありとくに僕は吐き気がひどかったので外食が怖くてできなかったです・・・

 

 

上で紹介した美容院や歯医者、映画館に行くのも怖かったですね。

 

 

僕の場合は「これから長時間外出しなくてはいけない」+「人が多いところ」というのが恐怖でした。

 

 

込んでいる美容院や映画館、外食、仕事ですね。

 

 

僕の症状としてはだいたいが外出時におきることが多くて家に居るときはほとんど症状があらわれなかったのでパニック障害のほうがやっぱり重いのでしょうかね・・・

 

 

家ではたくさん食べれるのに外では水を飲むのも怖いくらい。

 

 

家でもこれから仕事などの外出の予定がある場合は全然食事をすることができなかったですね。

 

パニック障害になりやすい人は?

 

パニック障害になりやすい人も紹介されていました。

 

・心配性・内向的な性格

 

・几帳面・完璧主義な性格

 

・ヘビースモーカー

 

・アルコールの飲みすぎ

 

 

僕はアルコールの飲みすぎ以外全部当てはまりますねw(現在は禁煙していますが)

 

パニック障害を克服した芸能人

 

大場久美子、IKKO、比企理恵、剛(中川家)、大江裕。

 

 

中でも番組ではIKKOさんのパニック障害による発作の映像が放送されていました。

 

 

IKKOさんは苦しいと言いながら口に手を押さえて落ち着かない様子で部屋(どこかロケ先の部屋?)をウロウロしながら窓を開けて外の空気を吸ったり部屋を出てうずくまったりしていました。

 

 

衝撃というかちょっと思い出してしまいましたね・・・

 

 

僕も外の空気を吸おうとしたりどうして良いかわからず、とりあえずトイレに行くのですが歩くのも困難。

 

 

「吐けば楽になる」と思いトイレに行ったものの吐き気が続くだけで数分から数十分で症状がおさまるというのが繰り返されるんですよね。

 

 

ずっと続くわけではないのですがあの吐き気や不安・恐怖が怖くなってしまうんですよね・・・

 

 

パニック障害の克服法は?

 

実際に大場久美子さんがスタジオに来て克服法を紹介していたのですが回りの人にパニック障害を理解してもらえるように緊急連絡先のカードを持参していたようです。

 

 

何も知らない人がパニック障害の発作を目の当たりにしたらすぐに救急車を呼ぼうとすると思うのでパニック障害を説明できるマネージャーさんなんかの連絡先をカードを持参していたそうですね。

 

 

発作になるとしゃべることも苦しいのでそれで発作について説明できるマネージャーさんの連絡先を何も知らない人に見せるということですね。

 

 

パニック発作になり心配されすぎるのも放っておかれるのも不安や恐怖が増すらしいのでパニック発作を理解してもらいそっと見守ってもらうのが良いそうです。

 

 

確かに僕なんかも知らない人の多いところで「また吐き気がきたらどうしよう」なんて考えていましたし「体調が悪くなったら回りの人に変な目で見られるのでは?」と思うことも多かったですね・・・

 

 

あと大場さんはパニック障害と診断されるまでかなり時間がかかったそうで原因不明のこのような症状というのも苦しかったそうで、パニック障害と診断されただけで気持ちが楽になったようですね。

 

 

やはり専門の人に診断してもらって治療してもらうのが必要ですね。

 

 

ただ最初に症状が出た時は僕はどこか悪いんじゃないか?と色々内科で調べてもらっていましたね・・・

 

 

ただ本当に悪い場合もあるのでこのような症状があった場合はしっかり内科などでしっかり検査してもらったほうが良いでしょうね。

 

 

結局色々な内科に行っても僕は胃薬をもらうだけで全然症状が良くならなかったのですがその後心療内科を紹介してもらい今は本当に大きな吐き気なんかはないですね。

 

 

緊張するとたまになりますが。

 

 

あと僕の症状としては甘い物(チョコレートやお菓子)を食べたり、コーヒーを飲んだ数時間後ぐらいに不安や恐怖・吐き気が強くなることが多かったですね。

 

 

喫煙後なんかも症状が出ることが多かったです。

 

 

なので今では禁煙、甘い物やコーヒーも控え目にしているのも効果があるのかなぁー・・・(わかりませんがw)

 

 

っというワケでフジテレビ「バイキング」でパニック障害が紹介されていたのでザックリと紹介した記事でした。