社会人になりさらにパワーアップする僕の髭達・・・

社会人になりさらにパワーアップする僕の髭達・・・

前回は高校生になり僕の髭のパワーアップしたという記事を書きました。

 

前回の記事→高校生で毎日髭(ヒゲ)を剃っていました・・・

 

今回は卒業して僕が社会人になってからの話です。

 

僕はごくごく普通の工場で働くようになるのですが、同期の新入社員なんかはけっこうアゴだったり鼻下の髭を伸ばしたオシャレな人達が多かった印象があります。

 

なんかちょっとそれを見た時髭で悩んでいた中学生、高校生の頃よりは気持ちも楽になりました。

 

そして僕もアゴ髭だけ伸ばすようになったんですがー・・・友人達からは「似合わない」という声が多かったですw・・・

 

えぇ・・・僕は童顔なので髭は似合わない(泣)

 

たしかに同期で入社した人達は強面だったからなぁ〜。

 

しかし僕の配属された部署というのが非常に忙しく・・・

 

毎日のように残業で1年目から本当に忙しい日々が続いていました・・・

 

家に帰るとクタクタですぐにお風呂入って寝ちゃうみたいな生活で、朝髭を剃るのもめんどくさくて2日に1回お風呂で剃るぐらいになっていましたね。

 

そして2年後の20歳の時、入社してからずっと忙しかったですね・・・

 

本当に毎日毎日残業・・・あ、でもブラック企業ではなかったですよw

 

月の残業時間はしっかり決められた時間を超えないように調整されていましたからね!

 

そして髭のほうはもうえらいことになってましたね・・・

 

このころはT字シェーバーで2日に1回お風呂で剃っていたのですが鼻下からアゴまでつながる泥棒髭。

 

T字シェーバーも色々使って1番剃れやすかったものを使っていたのですが剃った後も泥棒髭の部分がちょっと薄くなる程度。

 

そしてアゴの裏と頬、モミアゲもかなりの髭の量と太さで剃った後もザラザラジョリジョリ・・・

 

アゴ裏は見えないとしてモミアゲと頬はうすーいグレーのっぽい色で鼻下からアゴにかけての泥棒髭といったもう本当に20歳!?ってカンジでしたね・・・

 

自分ではもう本当に「気持ち悪い」と思っていましたし初めて話す人とは実年齢より上に見られていました。

 

だいたい多いのが20代後半でしたかねぇ〜・・・

 

本当に頬の髭まで濃くなっていたのでハリウッドスターみたいでしたねぇ・・・

 

しかも童顔なので余計に髭が似合わないんですよね・・・

 

もう中学、高校の友達とも髭の濃さのことを言われるのが怖くて遊ぶのも断っていましたね・・・

 

なんせ高校の時から髭の濃さについて言われていたのですから・・・

 

そして21歳になった時、会社も忙しくてもう疲れて家に帰っては寝るだけという生活でお金も貯まり使う機会もなかったのでついに髭の脱毛に挑戦してみることに!

 

まずは除毛クリームというやつですね。

 

実際は腕やスネとかに使うやつなのですが髭に使ってみたところ・・・まったく効果なしw・・・

 

そしてクリームを塗るだけで髭がどんどん薄くなっていくというもの。

 

1本8000円ほどのものを半年間使ってみるもののまったく効果なし・・・

 

そして1番期待して、そして高額な髭のレーザー脱毛機?っていうのかな?

 

なんか見た目は電動髭剃り程度のものでレーザーの強さを調整できるというものたしか5万円くらいで購入したと思います。

 

レーザーの強さを調整できるのでかなり髭の濃いぼくはメチャ弱めの調整にして髭に当ててあとはボタンを押すだけです。

 

「バシュ!」なんか感覚的には髭を燃やすってカンジでしたね。

 

ただ・・・メチャメチャ痛い(泣)!!

 

2,3回使ってあまりの痛さで自分で機械を当ててボタンを押すのが怖くなって使うのを止めてしまいました・・・もったいない・・・

 

っというワケで色々考えて「メンズエステで髭の永久脱毛をしてみよう!」と考えました。

 

次の記事で初めて行った髭のレーザー脱毛について書きたいと思います。

 

次の記事→髭の永久脱毛 結果と感想